セックスの相性が悪くて別れるのはアリ?

セックスの相性には、良い悪いがあるものです。体型や性器の具合といったものから、性欲が高まるタイミング・肌の触れ合いまでさまざまな原因があるため、簡単に良い悪いと相性を判断するのは難しいかもしれません。しかし、明らかに合わないと感じる以外は、努力を続けるべきかというお悩みですね。セックスだけが男女の付き合いではないにしても、気になるところです。

【Q:セックスの相性が悪い彼とは別れるべき?】

A:別れる前に努力をしてみてください。セックスの相性は、ただひとつの要素で決まるわけではありません。たとえば、盛り上がるタイミングが合わないというのなら、しばらく2人のデートのタイミングをずらしてみるのもひとつの方法です。性欲が強いパートナーの場合は、性欲が弱い方が苦労するものですが、それでもタイミングが合えばいい関係を築くことも可能です。

体の相性が合わないというのなら、何が相手にとって不満なのか・自分にとって不満なのか、考えて話し合ってみましょう。体型が気にくわないというのなら、努力で変えられる部分は頑張ってみるのです。ほかに気になるところがあるのなら、相手に伝えて改善してもらうか、こちらも改善することです。

双方が努力をすると、実は相性うんぬんよりも、お互いにコミュニケーションができていなかっただけ、ということもあります。多くのカップルは、セックスの不満をあけすけに打ち明けています。不満を抱いたままセックスしていることで、相性が悪いと思い込んでいる場合は、コミュニケーションをきちんと取るとうまくいくこともありますよ。

【セックスの相性は2人の関係性で変わる】

さて、セックスの相性は、2人の関係性にも大きく影響を受けます。たとえば、どちらかが一方的に支配している場合は、セックスも同様の関係性になっていることが多いものです。セックスは、対等であるべきなのに、どちらかが優勢になるのではいけません。必ず、劣勢になっている方が我慢をしているからです。当然、セックスは楽しくないでしょうし、相性が悪いと感じてしまう確率も高くなります。

反対に、フラットな関係を保つことができているカップルは、セックスの相性もいいと感じていることが多いのです。自分を素直にさらけ出すことができ、相手も受け入れてくれるし、問題があれば率直に言い合えるのでストレスがありません。2人の関係性がセックスの相性に影響するのは本当です。

【どうしても合わないのなら別れることも】

しかし、中にはどうやってもセックスが苦痛・楽しくない・気持ちよくなれない、というカップルもいます。何をやってもダメならば、別れることも考えましょう。セックス以外の部分で好きであって、セックスなしでもずっとやっていけるのなら問題はありません。

でも、長く付き合っているうちに、どうしてもセックスの問題は避けて通りれなくなります。結婚すれば、子どもを欲しいと思うようになるかもしれません。セックスが必要になったときに、苦労をするのは自分たちです。セックスの相性は努力で何とかなることもあれば、ならないこともあり、自分たちはならなかったと考えて次に進みましょう。

【まとめ】

確かに、セックスにも相性はあります。この人とはセックスが気持ちいいけど、この人は今イチということはあるでしょう。しかし、好きな相手とのセックスの相性が悪いというだけで、別れていいものかどうか迷ってしまうこともあります。でも、まずは何が悪いのか考えて、改善する努力も必要です。自分に問題があれば積極的に対応しましょう。相手に問題があるのなら、正直に告げることも必要です。それでもダメなら、別れることも考えてください。