学生時代に好きになった女性が忘れられない

学生時代に好きになった女性のことをどうしても忘れることができない、という男性もいます。若いころの感情は、損得勘定無しにストレートなものだったため、余計に美化されやすいというのもあるでしょう。しかも、多くがあまりドロドロしていない純粋な恋愛だったりするからです。でも、過去の恋愛は過去の恋愛として、今を見つめてください。

Q:どうしても学生時代に好きになった女性が忘れられないのですが?

僕には、忘れることができない女性がいます。A子さんは、僕の初恋の相手でさらに初体験の相手でもありました。彼女はとてもかわいくて、学校の人気者だったのです。当時はA子さんを彼女にできたことがうれしくて、毎晩電話をかけたり休日にデートしたりそれは楽しかったものです。

でも、お互い別々の会社に就職してすれ違ううちに、別れることになってしまいました。僕は東京の会社に就職したのですが、彼女は地元に帰って就職したのです。残念ながら、遠距離恋愛は長く続くことができませんでした。

僕も割り切ったつもりだったのですが、その後どんな女性とつきあってもどうしてもA子さんのことが思い出されて比較してしまうのです。いけないとわかっていても、A子さんの方がかわいかったとか、料理が上手だったとか比較してしまうため、いつも新しい彼女とケンカになってしまいます。

僕のように、学生時代の恋人や好きになった女性を忘れられないままの場合はどうすれば良いでしょうか。もう一度A子さんに復縁を迫るべきか、真剣に悩んでいます。でも、新しい恋愛に目を向けた方がいいのか、アドバイスをもらえますか?

A:純粋だった時代の恋は良いものですが現実を見つめ直してください

学生時代に好きになった女性のことは、いつまでも忘れることができないものです。学生時代は、多くの人が純粋な心で好きになっていたことでしょう。打算など何もなく、ただひたすら相手のことを考えていればよかった時代もありましたよね。経験を重ねた今となっては、甘酸っぱい想い出です。

純粋だった時代の恋愛は、実際以上にフィルターを掛けた記憶になっているものです。それに、恋愛のことを中心に考えていればいい時代だったため、ほかに悩みがなかったとも言えます。社会人になってからの恋愛は、結婚なども現実味を帯びてきますから、学生時代のような気楽さは薄まってしまうと考えましょう。

さて、学生時代に好きになった女性を忘れることができない、というご相談ですよね。結論から言えば、新しい恋に目を向けた方が断然いいです。というのも、結局は破局しているわけであって、破局の原因が遠距離になったこと以外にもある可能性が高いからです。遠距離恋愛でも成就したカップルがたくさんいることを考えると、わかりますよね?

現実としては、今置かれている状況をきちんと見つめて、新しい恋に目を向けるべきなのです。いつまでも過去の恋愛を引きずっているうちは、どんな女性と付き合ってもうまくいくわけがありません。相手の女性を誰とも比較せず、素直に好きだと思ったときがあなたの恋愛スタートだと考えてください。まずは、気持ちの切り替えをしましょう。

まとめ

学生時代に好きになった人のことは、どうしても忘れることができないものです。でも、過去は過去として割り切り、今に目を向けてください。いつまでも過去の恋人と比べていては、これから好きになる人も好きになってくれる人も不幸にするだけです。まずは、自分の気持ちを切り替えましょう。学生時代の恋は、もう終わったのです。終わった恋は思い出に変えて、現実の恋に向き合ってください。