スキのない女性をオトしたい

スキのない女性って一部の男性から、すごく人気がありますよね。いつもそっけなく、周囲と一線を置いているような雰囲気を持つ女性をなんとなく気にしてしまう、という男性は少なくないのでは?ですがスキがないので気になってもアプローチの仕方がわからない。食事に誘いたくても同僚同士の飲み会すらオール拒否の女性を、どう誘えばいいのか。お近づきになりたくてもきっかけがつかめないですよね。

Q.自分の会社には、鉄壁の女と呼ばれている女性がいます。同じ課で働いている女性なんですが、とにかくいつもスキがないんです。身だしなみや仕事が完璧なのはもちろんなんですが、ガードがとにかく固くて。上司だけでなくて同僚には誰にでも敬語で話すし、家族のこととかちょっとしたプライベートな会話も一切取り合ってくれません。課のみんなで飲みに行こうという誘いすら断られてしまう始末。そんな女性なんですが、前に一度だけ社外で見かけたことがあって、すごい笑顔だったんです。

会社での姿が想像できないくらい楽しそうな感じで、そのとき無性に自分が彼女をあんな笑顔にさせてあげたいって思ってしまって。なんとか彼女との距離を縮める方法はありませんか?(29歳 東京 サラリーマン)

A.スキがない女性が見せる、笑顔ってなんだかグッときますよね。やっぱりギャップなんでしょうか?ギャップに男は弱い、といいますが今回の相談者さんもまさにそのタイプみたいです。

スキのない女性をオトす方法、ということですが、お話を聞いた感じだとかなり車内の方々と距離を置いている雰囲気ですね。なんだかワケありなのかな?と勘繰りたくなってしまうほどの距離の置き方です。ですが会社を出てしまえば普通の女性のようにふるまっていることをふまえると、過去に同僚絡みでトラブルがあったか純粋にまじめすぎる方なのかもしれません。融通が利かないタイプというか、生真面目で完璧主義者なのでしょう。なので仕事している最中は気を抜かず、ストイックなまでに仕事をやり遂げる、いわば職人気質なんですね。

スキのない女性には、粘り強くアプローチを

こうしたスキのない女性をオトすには、1度や2度断られたからといってめげないタフなメンタルと粘り強さが大事です。スキがなく、男性が近付きがたい雰囲気の女性の場合、それだけ口説き落とすには手間がかかります。そのため必然的にライバルは減るので、気長にアプローチしていきましょう。

まずは欠かさず挨拶をすることから始めてみてください。挨拶だけでなく、天気のことなど他愛ない話題をあわせてふるようにするとグッド。もちろん返ってくるのはそっけない言葉でしょうが、毎日めげずに続けることに意味があります。少しずつ、本当に少しでも会話が続くようになればまた一歩踏み込んでみてください。映画やレストランの話など、実際にデートに誘いやすい話題を織り交ぜます。運よく彼女が反応してくれる話題があれば、しめたもの。ここぞとばかりにお誘いをかけてみましょう。もちろんここでもあっさり断られることもあります。しかしその場では即引き、めげない気持ちが大切。ガードが固く、スキのない女性をオトすにはとにかく時間がかかるのです。

そしてそれまでの苦労が実り、デートに来てくれるようになればほぼ間違いなく彼女はあなたのことを意識しているはずです。少なくとも異性として悪い印象はないはず。ですがそこであえてガツガツせず、食事だけ、映画だけなどの清いデートを重ねましょう。女性が自分のプライベートなことも話してくれるようになれば、ほぼ間違いなくあなたを信用し、完全に好きになっているという証拠。思い切って気持ちを伝えてみてください。きっといい返事をもらえますよ。

スキがなく、ガードの固い女性にはとにかくめげないタフさと長い時間が必要です。断られる回数やそっけない態度をとられることは数えきれないほどあるかもしれませんが、諦めないことが大切。誠実にアプローチしていけば、きっと思いは伝わります。