若い子と付き合う方法

女性の好みは人それぞれですが、いくつになっても若い子と付き合いたい、という人もいることでしょう。それなりに大変な想いをするとは思いますが、トータルすると女性との付き合いは若い子との方が良い気がします。それは自分も若返ることができるということもありますね。こんな相談が来ています。

どうしても若い子と付き合いたい

Q:私は45歳飲食店経営者です。私の店はおかげさまで繁盛しており、アルバイトもかなりの人数を雇用しています。その中には若い女性も多く、20代前半で一番輝いている女の子たちを見ているとついつい自分のものにしたいという欲求が出来てきてしまいます。

しかし自分で店をやっていると、アルバイトの女の子に手を出すわけに行きません。でも、どうしても若い女性と付き合いたいという欲が止められず、最近はキャバクラやガールズバーで好みの女性を探してしまう始末です。どうすれば若い女性と付き合えるでしょうか?教えて下さい。(匿名希望 45歳 飲食店経営者)

まずは尊敬されること

A:なるほど、45歳にして若い子と付き合いたいとなると社会的には結構人の目も気になりますよね。しかも繁盛している飲食店でしたら、お客さんにも若い子が来るでしょうし、アルバイトの女の子の友達なんかも訪れそうですもんね、これは悩ましいですね。

私が思うに、まずは若い子にアプローチする前に自分が一生懸命働いている姿を見せて行くことで尊敬を勝ち取ることが近道なのではないでしょうか。やはり年齢差があると女性は年上男性を父親的に見ると思うのです。そこで、チャラチャラしているとどうしても嫌われてしまう可能性が高いので、父親風の威厳を持ちつつ、仕事で頑張っている姿をみせましょう。

その上で、若い子とのコミュニケーションもうまくとれるように、普段から若い子の話題を頭に入れておきましょう。それをひけらかすと恥ずかしいので、いざというときに若者文化を知っているところを見せるだけで大丈夫です。

そして個人ではなく、お店のお疲れ会のようなものをセッティングして、大勢の中の1人として女性に接することから始めましょう。

あまりに露骨に近づくとひいてしまう可能性がありますから、少しずつ周りの若い男性陣も巻き込みつつ、近づけば良いのです。今度みんなでどこか行こう、という提案もみんなで一緒に、であれば問題ないと思います。

一点注意したいのが、若い男性と目当ての女の子が仲良くしていることにジェラシーを感じても顔には出さないことです。どうしても若い子に取られてしまうと考えてしまいがちですが、これは逆に考えるとチャンスです。若い男との恋愛相談を受けているうちに関係が深くなる場合もあるからです。

とにかくじっくりと焦らずに女性に尊敬されて頼りになる大人でいることから始めてみてはいかがでしょうか。