合コンや婚活パーティで女性をゲットするうまい方法は?

合コンや婚活パーティに参加しても、なかなか女性と親しくなれなくて困っている人も少なくないようです。自己紹介時の第一印象や、見た目などから、「この人」と見定めた女性にいくらアプローチしてもなかなかうまくいかず、いつも「収穫」なく終わってしまうと悩んでいます。こうした失敗の原因は、誰もが目をとめる「顔のいい女」や「スタイルのいい女」「感じのいい女」に狙いを定めてしまうことです。

誰もがアプローチしたくなる女性に接近しても、うまく落とせる可能性は高くはありません。持ち帰りをしたいのなら、本当は「男を探している」のに、おとなしくしている女性を見つけることが肝心です。

Q.婚活中の男性です。いいお相手を見つけたくて何度もパーティに参加しているのに、なかなか出会いがありません。積極的にアプローチをしているのにうまくいかないのです。どうしたら女性を口説き落とせるのでしょうか? (大川 43才 会社員)

A.パーティに参加して積極的に女性にアプローチしているのに全然うまくいかないのだとすれば、声をかける女性を選び間違えているのでしょう。婚活パーティに参加する女性の多くは、性的な関係を含めてパートナー探しに来ているのですから、正しく相手を選べばほぼ確実に口説けます。口説き方が悪いのではなく、選び方が悪いのです。

パーティでは乗り切れていない女性を探すこと

一流のホストなら、パーティに参加して「お持ち帰り」ができないということは絶対にありません。それは口説くのが上手だからではなく、口説ける相手を選んでいるからです。要は、目利きだということです。では、どういう女性を選ぶと確率が高くなるかといえば、その場の雰囲気に乗り切れていない女性です。

他人に気を遣うタイプの人や、パーティ慣れしていない女性の場合には、ノリノリで過ごすことはありません。大勢の輪の中で自分をさらけ出すことはないので、人物がよくわからないのが普通です。そのため多くの男性が、その女性に目をかけません。しかし、こういう女性にこそチャンスがあるのです。

一対一になると本性を現す女性

パーティの中であまり目立たないからといて、ノリが悪いとか「男目当てでない」とは限りません。単に遠慮していたり、様子を観察しているだけである可能性が高いのです。そもそも男が欲しくない女性は、婚活パーティや合コンには参加していません。男を目当てに来ているのに積極的でないとすれば、場にまだ慣れていないだけです。

1対1で会話して本音の部分まで掘り下げてあげれば、すぐに本性を現すはずです。ですから、特定の女性と話をしている間も、周囲に目を配らせて、ポツンとしていたりノリが悪そうに見える女性を探しましょう。必ず何人かそういう人がいるものです。そんな女性に声をかけて一対一で接すると、驚くほど雄弁に話し始めたりします。先方にしてみれば「やっと来てくれた」と安心するわけです。その場で気の合った唯一の男性となることができるので、お持ち帰りの可能性は極めて高くなります。

婚活パーティなどでは、乗り切れない女性を狙うのがコツなのです。